クレジットカード審査なし?甘い罠に騙されないために

ここ数年、イベントのチケットなどが電子チケット化

クレジットカードが必要な時が増えてきました。

現在、クレカを使っている方はいいのですが使っていない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。

初めてクレカを発行する場合、気になるのが審査がどうなっているのか、基準は厳しいのかということです。

審査で見られるポイントとしては、安定した収入があるのかという部分とローンや公共料金の支払い滞納がないかなどの信用情報です。

収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は期日通りにちゃんと返済してもらえるのかを見ています。

高額な買い物をする際に現金を用意せずに買い物ができるクレジットカードは非常に便利ですがカード会社に審査に受からないと利用ができません。

審査で重要なのは安定した収入があるかと信用情報です。

信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどのデータです。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

最近、若い人に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、口座から出金したタイミングで入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入がないのは同じですが、クレジットカードを作る際などに大きな違いが出てきます。

職業欄に家事手伝いを記載した場合はほとんどのカード会社で審査に通らないと考えていいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通る場合があります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在が大きいです。

正社員として継続して安定した収入がある夫がいれば返済も行われるだろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないということもあるためクレジットカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

クレジットカードを申し込んだ時にカード発行会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入情報を審査しているのでしょうか。

実は審査の時にチェックしているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を知っているはずがないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報を分析しているのかというと過去の申し込み者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいだろうというデータがあり、そのデータと比較した時に変な部分がないかを見ています。

そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きく、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

就活が終わり社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人が多いと聞きます。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を使って返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む場合の審査で有利になります。

逆にカード決済でトラブルが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレジットヒストリーはクレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金の払い忘れもクレヒスに影響がありますクレジットカードについて調査していると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンの返済途中でもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを問題なく返済できていれば逆にプラスに判断されることもあります。

もし、問題なくローンの返済ができているのに審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性やなどの別の部分を考えたほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金や携帯料金の払い忘れなどです。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

どういった場合かというとローンを組むことやクレジットカードを作ることが多いようです。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を質問されるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかをネットで調べてみたところ、カードを作った300人に対してアンケートを行った結果、約2割の人が連絡がきたという調査もありました。

この結果から絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、申し込むカード会社によってはその確率が低いこともあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は機械によるスコア審査がメインになるので低くなると考えられます。

実は審査の時に見ているのは収入だけではないんです。

みなさんがクレジットカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入を確認しているのでしょうか。

全国の企業ひとつひとつの年収の平均を把握しているはずがないので当然ですね。

同じ業界、同じ職種で勤続年数が何年くらいだから過去の申し込み者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいだろうというデータがあり、そのデータと比較した時に変な部分がないかを見ています。

そのため、よほどの乖離がなければ本人が申告した年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

クレジットカードを作りたいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど選択肢が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社の場合は、独自の審査基準を持っている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社も中にはあります。

プラチナカードやブラックカードという単語を聞いたこともあると思いますがこの2つに関してはカード会社から招待されないと作れません。

基本的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

カード審査では年収と信用情報が重要と言われています。

早くカードを作りたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

最近、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはクレジットカード払いのみなどほぼ必需品のようになっていると言ってもいい状況です。

そのため、クレジットカードの申し込みで審査通らないということがないように重要なポイントを確認しましょう。

審査時に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、クレヒスは問題ないかという部分です。

例として、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると予想されます。

クレジットヒストリーについては支払い期日ちゃんと守って払われるかを見られています。

最近、ライブチケットなどでクレカ支払いのみ対応などクレジットカードが必要なタイミングが増えてきました。

現在、クレカを持っている方は問題ないですが持っていない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを発行する場合、気になるのが審査がどうなっているのか、厳しいのかということです。

審査で重要な点としては、安定した収入があるのかという部分とローンや公共料金の支払い滞納がないかなどの信用情報です。

収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。

クレジットカードについて調査していると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを払っていてもクレカは発行できるの?ということです。

そういったHPの中で、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは特に関係ないという人もいますが両方とも個人信用情報機関にデータが残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞りなく返済できていれば逆にプラスに捉えられることもあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分が原因と考えたほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意などで公共料金の払い忘れることなどです。

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?年収と答える人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどのように見られているのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があればいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業なども正社員なら安定継続した収入が見込める、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は他のローンの支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかをチェックしています。

最近では、電子チケットの活用など様々な場面で利用するクレジットカードですが、申し込みを行うのに必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証やパスポートなどの本人確認書類です。

申込者が学生の場合は学生証のコピーなども本人確認書類として大丈夫な場合もあります。

他には、利用料金を引き落とすための口座と発行したカードを受け取るための住所が必要です。

口座を入力する際などは口座手帳などを手元において審査に通らない可能性が出るので注意しましょう。