保険料の夫婦合わせると相場はいくらくらい?子どもの教育保険は?

毎月の出費をどうにか低くしたい、というのは差に大小はあるでしょうが皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直して低くできるかもしれません。

最近、Mなどで耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ利用しようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なの?相談に行ったら絶対に契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

という風に思ってしまう方もいると思います。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険の切り替えをしない方も見直しをしてもらえます。

その場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った保障が付いているのかわかりやすくなります。

保険無料相談のCMを見ていて疑問に感じたことがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?ということです。

結論から言うとあります。

むしろ元々は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でどういった点が異なるのでしょうか。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでお金はもらえず、生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料をもらうことでお金をもらっています。

そのため、FPにとって契約時の報酬がの高い保険ばかりを勧めてくる人が中にはいます。

逆に、有料の相談の場合、最低限の収入が発生し、より相談者目線で親身になってくれる可能性が高いです。

豪華な商品プレゼントで相談者を募集している保険無料相談サービスをインターネット上で見かけます。

大半の方が、とりあえず保険相談の申し込みをしたら商品がもらえると思っていますがそれは違います。

数回の面談後、アンケートに答えるなどを景品プレゼントの条件にしています。

そもそも、申し込んだからといって必ずしも面談の予定が決まるわけではありません。

特に、中小のサービス会社に申し込んだ場合は、大手サービス会社に比べてFP登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

タダでプロと一緒に保険の見直しができるのに、そのうえ商品券までもらえるなんてお得ですよね。

ゲットできる方法をいくつか挙げますと、なんと面談をするだけだったり、面談後にあるアンケートに回答したりすればもらえます。

一社でもらえる金額は数千円ですがいくつかの会社からもらえたならお小遣いとしては十分でしょう。

当然ですがプレゼントのための面談と判断されたらもらえないので、もらえたらラッキーなものくらいに思っておいてせっかくの時間を無駄にしないようにしましょう。

無料で保険に関する話を専門家とできる機会が得られたなら、可能な限り無駄のない時間を過ごしたいところです。

見直しを依頼するときに気を付けるべき点は、現状の保証と月々の支払額で問題はないのかどうか?そしてそれは自分に合っているのかどうか?ということでしょう。

実際の面談までに自身のライフスタイルについて考え、健康診断や人間ドックの結果を用意しておきましょう。

それによりFPさんとしてもより具体的に提案しやすくなると思います。

最終的にはどこと面談をするかも大切になってくるので、会社選びも慎重にしましょう。

ネットで少し調べればわかるように、世の中には多くの保険無料相談会社があります。

その中で少しでも顧客を獲得しようと、キャンペーンをしているところもあります。

どんなものなのでしょうか。

ちょっと調べてみました。

大体が商品券やギフト券で、中には現金がもらえるものもあるようでした。

どのくらいの金額がもらえるのかというと、数千円ほどのところが多いようです。

人によっては、いくつかの会社と面談をすることも少なくないでしょう。

こういったことを会社選びの参考にすればわずらわしいことも少し楽しくできるかもしれませんね。

貯金のために保険料を節約したい!でも、相談に行く時間がないからどうしようと困っている方、解決につながるかもしれない方法があります。

保険無料相談サービスの中には、現在の保険内容の確認など相談のやりとりをメールで全て行えるサービスもあります。

なので、ネット上で完結するので24時間365日受付ており、返信内容の確認も通勤中の電車の中などのちょっとした時間に確認ができます。

もし、説明がわからない、こちらが伝えたいことが担当者に意味が十分に伝わっていないと感じたときには、電話で直接担当者と相談することもできます。

状況が変わって相談の必要がなくなったときもメールで断れるので楽な気持ちで相談できそうです。

保険に関しての話し合いを自宅でする際に心配なことに、提案が不十分だと感じたらうまく断れるのか?ということはあるでしょう。

一般的な会社であれば無理な勧誘は禁じていますし、担当者と合わないときには変更してもらえたりするようなサポートダイヤルなどがあります。

一回目の話合ですぐ契約を決めるということはまずないそうなので、最初に「相談だけのつもりなので勧誘は結構です」とこちらから明示しておくというのもひとつのテです。

FPさんの質やその提案に自信があるところならその辺りのスピード感も理解しているでしょうから、受け入れてくれるでしょう。

皆さんは買い物に行って必要ないものを勧められて買ってしまったというような必要ないのに契約させられたというトラブルがありましたね。

中には、生命保険の勧誘時に虚偽説明や説明不足な状態で条件に合わない保険に加入させられたという人もいるそうです。

他には、保険金を請求したら数十年前の通院歴の告知義務違反で保障を利用しても保険料が支払われないこともあるそうです。

そんな時にどうしたらいいのかわからないですよね。

人生の中で保険は家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルを専門にしている弁護士もいます。

こういったトラブルが発生した時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

時折見かける、「保険無料相談をすると牛肉プレゼント」という宣伝ですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

少し前まではFPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。

しかし、時代の流れとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができるようになりました。

保険は一生のうち家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては宣伝のために商品券や牛肉などの景品のプレゼントを始めました。

そこで無料相談窓口が増えたことで獲得しにくくなった相談者を獲得するために、特典を出してでも保険見直しを行ってもらいたいという考えから始まりました。

皆さんは自分の加入している保険の内容ってしっかり把握していますか?少しでもわからない部分があれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスを利用してFPを紹介してもらうことです。

例えば、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら支給されるかや家が地震で崩れてしまった時の震災保険などは、日常的に意識しないので保障内容を忘れていることもあります。

そこで、無料相談サービスを利用して確認することにより現在の保障内容やライフプランに合っているかを確認しましょう。

場合によっては、ほとんど同じ保障内容なのに月額を節約できたという報告も多いです。

世間に多々ある保険無料相談会社ですが、それらを比較検討してくれている情報サイトというものが存在します。

その中で特に見るべき点としては、面談までのやり取りが簡単にできるかどうか、また取り扱いが可能な商品の豊富さ、そして最優先事項はFPさんそれぞれの評判です。

障害において家の次に高価な買い物とまで言われていますから、納得いくまで人や会社を変えて面談してみるなどして、「この人なら信頼できる」と思えるような人と今後のライフスタイルについて話し合っていきましょう。

今、巷で話題の保険無料相談。

有料でもおかしくないような専門的な話し合いができるのに、どうして0円でそんなことが可能なのでしょうか。

一体どういった仕組みで運営されているのか、少し調べてみました。

ざっくりまとめると会社やFPさんにお金を支払う大本は保険会社で、契約が成立した際に販売等に関する手数料が発生するそうです。

ですので最終的に我々と直接お話をするFPさんはやはり面談するだけではお金をもらえないわけなのですが、そのチャンスはたくさん得られるので、WINWINの関係とも言えるようです。

世に数ある保険に関する無料相談会社の中でも、町中にある店舗はもちろん、テレビで見かけるなどして有名なのが「ほけんの窓口」だと思います。

知名度が高く体験者も多い来店型の会社なので、口コミや体験談を探すのに苦労しないところもありがたいです。

最初の面談ではまず「保険」というものの説明から始まり、不安な点や疑問にも的確に答えをくれるそうなので多くの人が満足感を得ているようです。

さらには扱う商品数も多めだそうなので、さまざまなプランを比較できると思います。

「保険業法」では保険の勧誘や販売についていろいろな規制をかけています。

金融庁は保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談者特典として行われていた換金性の高いギフト券やクオカードなどのプレゼントができなくなりました。

では、牛肉などの景品をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には牛肉などの物品そのもののプレゼントについては具体例が載っていなく、社会的儀礼として行われるお中元やお歳暮、カレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には該当しないとしています。

そのため、今のところは商品プレゼントは「完全にクロ」ともクロともシロとも言えないグレーゾーンと言えます。

参照:http://www.canadagoose-montreal.com/faq/howmuch.html

保険無料相談サービスの予約フォームに入力をしたけれどなかなか連絡が来なくて面談ができないという人がいるそうです中小のFP紹介サービスの場合、登録してるFPの数が大手紹介サービスと比べて圧倒的に少ないためです。

そもそも無料で相談をして営業できているのは相談者が保険相談をした人が契約をしてくれるからです。

そのため、契約の可能性が低いと判断された案件はサービス側が後回しにしてしまうことがあるという仕組みになっています。

一分一秒でも早く相談をしたい場合は、FPの登録者数の多い大手の仲介業者に申し込むか、保険ショップの利用をお考えください。

なぜ無料なのに続けられるのかわからないサービスがあります。

そこには何かカラクリがあるはずです。

一例を挙げさせてもらうと、保険無料相談サービスの場合では相談サービスを行う会社の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、FPが提案した保険に相談者が変更することによって手数料が保険会社からサービス会社へ支払われるということです。

相談者に契約してもらわないとお金は発生しないので、相談者に対して無理な保障を案内することは契約の得やすい、相談者にとって本当に必要な保障の案内を行ってくれます。

相談自体は無料なので、安心して利用してください。

近年、ペットの家族化が急速に進んでいます。

例えば、ペットのための保険やお寺などで行われるペット供養などです。

ペット保険とは、動物病院で病気の治療をかかった際の治療費用を保障する保険です。

どこの動物病院でも入院給付金や手術給付金の対象になるほか、ガン給付金や死亡給付金などのオプションがついた保険もあります。

ただし、毎年のワクチン接種は適用外になりますので若いペットの場合は必要ないという考え方もあります。

保険料や内容が気になる方は、保険無料相談サービスでも取扱をしていますので相談してみましょう。

世に数ある保険に関する無料相談会社の中でも、テレビCMや全国展開している店舗などで世間に広く認知されているであろう「ほけんの窓口」。

来店型の中でもトップクラスの知名度を誇る会社で、少し調べるだけでも口コミや体験談が山ほど見つかります。

初めてのFPさんとの面談では知識を深めるところから行い、客側の疑問にも丁寧に答えてくれるということで実際の体験者の満足度は高いようです。

また取扱っている商品の数も多いので、さまざまなプランを比較できると思います。

一般的に良い評価よりも悪い評価の方が頭に残ってしまうことが多いですよね。

保障内容の見直しや契約状況の確認をしてくれる保険無料相談サービスでも評価を比べているサイトはあるのでしょうか。

口コミを見てみると相談前の人の多くが「相談したらあれこれ理由をつけられて保険に加入させられそう」というイメージを持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

ただ実際に相談してみると「納得いくまで何度でも相談してください」と言ってくれて安心できた、本当に相談・確認だけでもOKだったなどイメージとは全く違うことがわかりました。

なので見直しを考えている人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

世間からの評判を気にする職業と聞いて、どんな職を思いつきますか?一般的に思いつくのは、芸能関係などの人気商売と言われる業界だと思います。

実は保険無料相談サービスもとても気にしているんです。

というのも、無料相談サービスの収益は相談者が紹介された保険を契約したら保険会社から報酬が発生するため、しつこい勧誘を行うとSNSや口コミサイトなどで拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も評判の悪いFPの登録を解除したり、電話1本などで担当者変更できるようにしたり対策をしています。

保険は家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる担当者を見つけしっかりと説明を受けてから決めましょう。

保険無料相談の広告を見ていると疑問に思うことがあります。

それは有料保険相談も存在しているの?ということです。

調べてみたところ、相談サービスは有料なのが基本だったそうです。

では何が有料と無料で違い、メリット・デメリットになるのでしょう。

無料相談サービスでは、FPは相談者と面談するだけで報酬は発生せず、生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料が発生しお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料の高い保険(FPにとって都合のいい保険)を勧めてくるFPが場合によってはいます。

逆に、有料の相談の場合、無料相談と比べ販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いようです。

プロに自宅へ来てもらって保険の話をするとき心配なこととして、提示されたプランに納得いかない場合断れるかは気になるところでしょう。

普通の会社なら、強引な勧誘を禁止していたり、担当者と合わないときには変更してもらえたりするような安心のサポートがあります。

一回目の話合ですぐ契約を決めるということはまずないそうなので、はじめに相談だけのつもりでいることをはっきり示しておくことも大切です。

その提案に自信があるFPさんなら他と比べてもらっても大丈夫なので、問題なく終われるでしょう。

保険のプロと0円で見直しができるだけでなく、あわせて商品券などプレゼントがもらえる場合があります。

もらうためにはどうすれば良いのかというと、簡単なところでは面談を受けるだけだったり、面談後にあるアンケートに回答したりすればもらえます。

金額は2000円から7000円と幅広いですが数社からもらうことができたらかなりのお小遣いになるでしょう。

ただ真の目的はプロの意見を聞くことなので、あくまでおまけとして頭の片隅に置く程度にしてせっかくの時間を無駄にしないようにしましょう。

保険の見直しというと実店舗を訪ねたり向こうに来てもらったりとやはり面と向かって話し合う場合がほとんどですが、数ある会社の中には電話でアドバイスをしているところもあるようです。

どういった流れになるかというと、フリーダイヤルやネットから電話をかけてもらう時間の予約をし、その後にすることと言えばあとは連絡を待つだけ。

お金は1円も必要ないそうです。

これならプランに納得がいかなければ切れば良いだけなので、ほかの方法に比べても気楽に試しやすいのではないでしょうか。

ネットで少し調べるだけでも、たくさんの保険無料相談会社のクチコミがあります。

それだけたくさんの人が疑問や不安を持っていて、それについて専門家に話してみたいと思っているということなのでしょう。

そして同じくらい面談についても気になっているのだと思います。

特に評判が気になるのが訪問タイプだと思いますが、大切なのはやはりFPさんの知識の深さや提案力、そしてこちらの理想や希望を聞く姿勢でしょう。

面談する会社を探すときは、それぞれの会社のFPさんについて詳しく調べましょう。

今巷では、無料の保険相談が人気です。

その道のプロとがっつり話し合いができるというのに、お金を払わなくて良いとは太っ腹ですよね。

下世話な話ですが、お金が流れる仕組みについて少し調べてみました。

簡単に言ってしまうと保険会社がFPさんやその紹介会社にお金を払っていて、それは契約成立時のみ手数料として発生するシステムとなっているようです。

ですからどれほど優秀なFPさんであっても担当した顧客が契約をしたときだけお金になるわけですが、個人で動くより契約の機会は増えるので、皆が得するメカニズムと言えるかもしれません。

保険無料相談を行っている会社は、少なくとも10社以上は知られている名前があるでしょう。

そんな中で選ぶなら、FPさんの質をウリにしている会社がおすすめです。

面談をいくつかの会社にお願いしたという人によると、同じことを話し合っても、担当のFPさんによって提案されるプランの中身が違ってくるのだそうです。

実際契約をするとなると、FPさんとの関係は長く続きます。

意見や要望、不安などを親身に聞いてくれるだけでなく、予想を超えた満足感を得られるような人と出会える会社にお願いしましょう。

お金のかからない保険相談を利用したとき、やめたいならやめると言ったら良いわけですが、せっかく親身になって説明してもらったりたくさんの自分専用資料が用意されていたりすると、満足いく提案ではなかった場合にどう言えば良いか迷うかもしれません。

自分のお金、さらに人生に関わることなので、吟味を重ねてから決めた方が良いでしょう。

上手な断り方としては、ゆっくり検討したいので連絡は欲しくないと明確に伝えることです。

万が一トラブルになりそうならその会社のサポートへ連絡しましょう。

新しく趣味や初めて体験することがある場合、みなさんどうしていますか?最初にネットで調べる人は多いと思います。

保険の見直しを初めてお願いしてみようと思い調べていたところ保険相談無料ドットコムというサイトを見つけました。

一般的な店舗型のサービスではないのでこちらの都合のいい時間に好きな場所で面談をしてくれるようです。

様々なことを確認するので落ち着いて話ができる自宅で相談を行う方が多いようです。

また、サービス側も強引な勧誘をしないのはもちろん、現在の保険内容を忘れていても説明してくれるみたいなので安心ですね。