楽天ETCカードの作り方とは?学生でも作れる?

ETCカードで無線通行して高速道路の出口を通過する際、トラブルが発生していなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

何らかの原因で出口でエラーが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

エラーに気づかないままレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、詳細がわかりません。

そのためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

バーが開かない時は接触しないように停車しましょう。

その際、焦って車外に出ないようにしましょう、事故につながります。

バーの手前にインターホンが設置されているので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。

皆さんはETC カードの発行新鋭をする際にどういった部分を気にしてカードを申し込みましたか?現在手元にあるクレカ発行元に追加で発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費無料かをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここでは現在ETCカードを持っていない方に向けて他の方が作ったときにどのポイントを見て申し込んだのかを調べてみました。

高速の利用頻度が少ない方は年会費や更新費無料のカード、利用頻度の多い方はポイント還元率の高いカードを選ぶ方が多いようです。

年会費がかからないカードの中でも一部店舗でのポイント還元率が高くなっていることや自営業の方では仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

高速道路の料金所で止まらずに通過できて便利なETCカードですが少しわからないことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

答えを先に言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになるなどスペースの制約がある「一体式」とカードリーダー部分とアンテナ部分を別々に設置できる「別体式」の2種類があるようです。

一体式の良いところは、配線が少なく済むので見た目がスッキリすることや取り付けが比較的楽な面がありますが、誤作動を防ぐためにハンドル周りに設置することになり操作性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目が小さくなり、シート下にしまえるため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高くなりがちで配線も一体式に比べ多くなるデメリットがあります。

知っている前提で話が進んでいて何となくでしかわかっていないルールってありませんか?例えばETCの正しい使用方法はどうでしょう。

NEXCOの公式サイトで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレジットカード同様に有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

乗車後に車載器にカードを挿入することになりますが正しく挿入されて挿れば「カードを認識しました」と音声が流れます。

ETCレーンに入る際の注意点は信号が赤になっていないかの確認と必ず時速20km以下の速度で通行してください。

もし何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、レーン備え付けのインターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

最近ETCカードについて調べていたところあまり知られていないと思われる豆知識が出てきました。

それは、車載器が付いていなくてもETCカードは利用可能ということです。

車載器が設置されていない場合はETC専用レーンではなく一般レーンを使いスタッフにカードを手渡せば処理してくれるので通行可能になります。

スタッフに手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由としてETCが作られた理由が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージポイントなどの特別ポイントは付かないことやお得なETC割引が使えないなどのデメリットがあります。

なので皆さんもETCを利用する時は損しないために車載器を付けましょう。

高速道路を走る時に便利なETCカードですが様々なカードがあって選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードをいくつか挙げておきます。

発行手数料、年会費どちらも無料となっているのがライフカードです。

ライフカードでは誕生月にポイント還元率が通常の3倍になることや、対応している国際ブランドがVISAやJCBなどの有名なブランドから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのは知らない人はいないくらいの知名度の楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCは年会費がかかります。

年会費が気にする方もいらっしゃいますが楽天カードはポイント還元率が非常に高いのですぐに元が取れます。

自動車免許を取得して友達と車で旅行をする際に首都高などの高速道路を活用すると思います。

そんなときに利用すると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときにETCレーンが利用できれば料金所渋滞に悩まずに進めます。

カードを作るにはクレカを作る必要があり、クレカをすでに持っている場合は問題ないですが新しくクレカを申し込むときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとにポイント還元率や年会費の有無など違いがあるので自分の利用状況に合うカードを探してみてください。

長期休暇を利用して車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?多くの人はETCカードを利用していると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約9割になっているそうです。

なぜこんなにETCが普及しているのか調べてみたところ一般レーンでの支払いと違い小銭を準備しなくていいことや料金割引が適用されて一般レーンより安く済むという理由がありました。

例えば、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは普通車料金が一般レーンでは3090円なのに対してETC無線通行の利用では800円と2000円以上違います。

また、親となるクレカの特典次第ではガソリン給油時の割引がついているカードもあります。

ETCカードを持っていないから欲しい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレジットカードです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか所持していないという方は基本的にクレカを作る必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている一体型の場合はそのまま発行手続きができます。

銀行のキャッシュカードで作れない理由としてはETCレーンを通過するときにデビット支払いのようにデビット支払いのように口座から即時引き落としにしてしまうと偶然口座にお金がない、新しく口座を作ってお金を移動してしまった場合に料金所出口で通過ができなくなってしまうからです。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法を利用しますか?一般レーンで現金・クレカ払いの人もまだいますが多くの方はETCカードを使ってのスムーズに通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用でどんなメリットがあるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所をスムーズに通過できることです。

係員とやりとりする必要がなくなり料金所渋滞を気にしなくていいことではないでしょうか。

もう一つの大きなメリットは料金割引が使えることです。

特に割引前と後で差額が大きいことで有名な東京湾アクアラインを例に挙げると割引前は普通車の料金が約3000円のところ、ETC割引適用で800円と半額以下になります。

皆さんは普段、高速道路を通行する際にETCカードは利用されていますか?もし使っていない・持っていないならすごくもったいないです。

その理由としてETC利用をすると料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の高速利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引などいろいろな割引を行っているようです。

また、運転したことのあるほとんどの方が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなく通過できます。

使ってなくて損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方は所持しているクレカ会社に追加で発行してもらうかサブとして新規でクレカと一緒に申し込みしましょう。

車に乗る方は持っていると便利なETCカードを持っていると思います。

現在持っていない方がカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

すでにクレカを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが2枚目、3枚目のクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けにポイント還元などの面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない・あまり車に乗らない方なら年会費無料のライフカードなどがいいでしょう。

車にあまり乗らなくても楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高く他にも特典のつく楽天カードという選択肢もあります。

このように使用頻度やポイント還元率から自分に合ったお得なカードを探してください。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを所持していないから親からカードを借りてくる。

という学生の話を見かけます。

技術的には他人名義のカードでも使えますが別の面で問題があるので家族間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、クレジットカードの利用規約に本人以外の利用禁止という文が載っているからです。

少し詳しく書くとETC利用もクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えて名義人の口座から後日まとまった金額を引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人1人のみに対してカード会社が信用しているからこそ成り立っています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない第三者が利用しているのは明確に規約に反するためカードが停止される可能性を含んだ行為になります。

就職や転勤などで大都市へ引っ越すと車に乗らなくなります。

そんな時に年会費や更新料がかかるETCカードを所持している方はカードの解約を考える方が多いと思います。

親となるクレカごと解約するパターンとETCカードのみ解約するパターンの2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日で処理完了というように手続きが完了するまで時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが終了したら、磁気テープ部分とICチップ部分を切断するように真二つにハサミを入れ、外から見えない袋に入れるなど隠した後に燃えるゴミとして処分してください。

トラブルが発生するタイミングが悪い方っていますよね。

というのもこの前遠出しようと思いETCカードを使おうと財布の中を探しても見つからなかったんです。

家に帰ってから改めて部屋の中を探しても見つからずどうやらどこかで落としてしまったようです。

こういったトラブル対応に慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社にETCカードの利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

紛失したカードの停止・再発行の手続きをしてから2週間しないうちに新しいカードが届きました。

このように予期せぬトラブルに見舞われても落ち着いて行動をしましょう。

この前、ネットを見ていたらこんな豆知識を見つけました。

それは、現金レーンでの支払いをETCカードで払えるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETCの利用は無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口から出口の走行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

ETCレーンエラーで料金所入口が無線通行できない場合は、料金所のスタッフに「車載器を搭載している」ことを伝えてカードを渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に入口に料金所がなかった場合は料金算出の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

ここ数年でよく決まったオフィスを持たないノマドワーカーという言葉を聞くことが増えました。

中には独立して個人事業主として活動する人も増えています。

個人事業主の場合、経理業務がとても面倒だと感じる方もいるそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の電車やタクシー代などの交通費は計上回数が多くなりがちでいちいち領収書を出して、保管して、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できればビジネス用の法人口座からまとめて引き落として処理しておきたいですよね。

そうすると高速道路料金支払い時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は個人用のカードと同じで法人用のビジネスカードを申し込むのが一番基本的な方法です。

しかし、ビジネス用クレジットカード発行は独立したばかりでは審査に通りにくいようです。

ETCカードを挿しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、急なトラブルに焦ってしまうと思いますがそんな時こそ落ち着いて連絡をしましょう。

仮に失くしたという場合でも警察へ届け出をしてください。

そのあとにどこに連絡するかはカードの発行元によって変わりETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

対応時間は平日の日中のみとなっているので土日に発覚した場合は月曜日に連絡にしてください。

クレカ会社発行の場合は発行元の会社への連絡になります。

カード会社によって若干対応の違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付のフリーダイヤルが用意されています。

高速道路の料金所でみなさんは一般レーンとETCレーンのどちらを利用しますか?一般レーンでの渋滞の多くが係員と直接現金をやりとりする時間からとなっており 約9割の方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETCを使うとどんなメリットがあるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所をスムーズに通過できることです。

係員と直接やりとりする時間がなくなることではないでしょうか。

もう一つの大きなメリットは夜間割引などの料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で差額が大きい東京湾アクアラインを例にすると割引前は普通車の料金が約3000円のところ、ETCレーンでは割引適用で800円と半額以下になります。

車に乗る方の多くは便利なETCカードを作っていると思います。

基本的にカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

現在、クレカを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが特典を見てサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けに様々な面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどの年会費無料を選ぶといいでしょう。

車にあまり乗らなくても楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率が良かったりENEOSでの特典がつく楽天カードという選択肢もあります。

このように使用頻度やポイント還元率から自分に合ったお得なカードを探してください。

最近ETCカードが欲しいと思って調べていたところあまり世間的に知られていないと思われる豆知識が出てきました。

それは、ETCカードは車載器がなくても利用可能ということです。

車載器が壊れてしまった時などの場合、ETC専用レーンではなく一般レーンを使い料金所係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

係員に手渡しで利用する場合、ETCが導入された理由としてETCが作られた理由が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため通常の利用額に応じたポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことやお得なETC割引が使えないなどのデメリットがあります。

急に車載器が壊れてしまった・エラーが起きてしまった時のために覚えておきましょう。

高速道路の料金を自動で引き落としてくれるETC無線通行ですがインターネットを見ていたらこんな質問がありました。

「ETCカードで給油時の支払いはできますか?」という質問です。

答えから言うと、基本的にはできません。

なぜ「基本的」に不可能かと言うと、クレカ機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレカ機能も付いた一体型のカードが発行されるのでしょう。

調べてみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC走行ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でSAなどでクレカ決済をしようとすると毎回車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

高速道路の料金所でスムーズに通過できて便利なETCカードですが少し不明点があります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式車載器」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が1箇所で済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、誤作動防止のためにハンドル周りに設置することになり操縦性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため盗まれにくくなる反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が多くなるデメリットがあります。

ガソリンを給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードを申し込もうと思って調べていたところカードを発行する会社によってガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカード利用時の付帯ポイントが2倍になるなどの特典がつくお得なカードもあるようです。

楽天カードを例にすると、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍になり貯まったポイントの利用もできるそうなので仕事や通勤などでよく車を利用される方や高速道路を使う方は給油時・スタンド利用時の特典がついたカードの利用がお得です。

このようにカードごとに特典が違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路の料金をどう支払っていますか?多くの人はETCカードを使っていると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは平成30年3月の月間利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか検索してみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できるので渋滞に巻き込まれにくいことや料金割引が適用されて一般レーンよりお得という理由がありました。

例えば、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは一般レーンの普通車料金が3090円なのに対してETC利用では800円と2000円以上違います。

また、元のクレカ次第ではガソリン給油時の割引がついているなどよりお得なカードもあります。

自動車免許を取得して友達と車で遠くへ出かける際に首都高などの高速道路・有料道路を利用すると思います。

そんなときに持っていると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

そんなときでもETCレーンなら比較的スムーズに進めます。

ETCカードを作るにはクレカを作る必要があり、クレカをすでに持っている場合は追加申し込みをすると発行されますが新しくクレカを発行するときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとにポイント還元率や年会費の有無など違いがあるのでカードの利用頻度などから自分の生活環境に合うカードを探してみてください。

買い物の支払いなどの場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードを使って高速道路を通行するだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例えば楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて還元されますがETC利用でも同様にポイントが付与されます。

付与率に関しては楽天カードのようにETC利用でも同率で付与されるカードもありますが、多くのカードではETC使用時では付与率が減少していることが多いようです。

また、最近は少ないですが、ポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路を利用する頻度などから申し込み先を選ぶのもいいかもしれません。

1、2年ほど前からキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際に多くの方がETCカードを利用すると思いますがレンタカーでのETC利用は車載器がついていれば利用できますが旅行後に利用履歴を見ようとした時にはETC利用照会サービスに事前登録の必要です。

利用照会サービスでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」などの情報が必要になります。

レンタカーの車載器管理番号など他のレンタカーなどでETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録した後は複数車両で利用するときの登録は不要になります。

免許を持っている全員が知っているようで実は知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方・注意点はどうでしょうか。

ネクスコのHPで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードには有効期限があるので車に乗る前に有効期限を確認しましょう。

車に乗ったら車載器にカードを挿入することになりますがカードの向きが違う、しっかりと挿入されていないと状態では認識しません。

ETCレーンに入る際はレーンの信号が赤になっていないかの確認と必ず時速20km以下の速度で通行してください。

もし車載器の故障など何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに必要なものはなんでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか持っていないという方は基本的にはクレカを作らなければなりません。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついているカードの場合はそのまま発行手続きができます。

なぜキャッシュカード機能のみだと作れないかというとETCのゲートを通過するときにデータのやりとりを行いますが銀行口座から即時引き落とす方式になっていると何らかの理由で偶然口座にお金がなかった場合にETC出口が通れなくなり立ち往生してしまうからです。